私はコレで・・・

投稿者: | 2018年6月11日

こんばんは、ゆうさんです。

少し距離のある薄い球って難しいですよね。(↓こんな配置)

でも、こんな球を苦にしない方もいます。

そうゆう方から話を聞くと、厚みの見方がイメージボールではなく、接点(接線)で見ている方が多数でした。
※私はイメージボールで見る派なので、接点方式を教わってもほとんど参考にならない・・・

だからといって、いままでイメージボールで見ていた厚みを、このような配置の場合だけ接点方式に変えるなんて器用なことは出来るもんじゃないです。
※両方の厚みの取り方を使い分けてるって人は聞いたことがない。

上記の配置の場合、イメージボールで厚みを合わせている方は、スタンスから上体を伏せてイメージボールを見た直後、少し厚めに構えてることが多いのではないでしょうか?
※私も以前はこのパターンでした。
それで、予備ストロークをしながら正しい厚みに調整する方が大多数だと思います。

本来であれば、正しい厚みに構えられればベストなのですが、薄い球って一発で正しい厚みに構えることはかなり難しいです。

それじゃどうしたら良いのかを無い頭で考えた結果、最初から意図的に薄く構えるのです。
私の場合は、本来の厚みより2~3mm程度薄めを狙って構えて、予備ストロークで少しずつ厚めに調整する方法で合わせています。

私はこれで薄い球のシュート率がかなり上昇しましたので、薄い球に悩んでいる方は一度お試しあれ!

ちなみに、このような配置は「効き目」もかなり影響するので、右振りで試したら必ず左振りも試すようにしましょう。
※効き目と配置(左右の振り)次第では、薄めからではなく厚めから合わせほうが良い結果が得られることもあります

要は、いつもいつもワンパターンの狙い方ではなく、スタンスから正しい厚みに合わせるまでのプロセスをいろいろ試して、自分に合った厚みの合わせかたを身につけようってことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください